暑くもないのに脇汗をかいてしまうときには制汗剤が便利です

脇の汗で悩んでいる人は以外と多いものです。

特に暑いわけではないのに脇汗が出てしまうという事もあるようですね。

これはどうしてなのでしょうか?

脇汗で悩む人にとっては、この疑問はとても大きな問題だと思いますので、今回は暑くなくても出てくる脇汗について詳しく見てみたいと思います。

2種類の汗~精神性発汗と多汗症

気温と関係なく出てくる汗には、実は2つの種類があります。

それが「精神性発汗」と「多汗症」です。

まず「精神性発汗」ですが、これは文字通り精神的なものが要因となって出てくる汗の事です。

例えば、緊張状態や興奮状態に置かれた場合に出てくるのが「精神性発汗」に当たります。

「精神性発汗」は、脇だけでなく手のひらや足の裏などに出る人もいます。

人によっては服がびしょびしょになるくらいに脇汗をかくという事もあります。

この発汗は「潜在的な不安」が心にある場合に起こる事が多く、不安となる要因を取り除く事で改善される事も多いとされています。

もう1つの「多汗症」ですが、これも「精神性発汗」と同じく脇や手のひら、足の裏など局的に大量の汗をかく症状の事を指します。

「精神性発汗」と異なるのは、不安や緊張、興奮状態であるかどうかに関係なく大量の汗をかくという点です。

最初はただの汗かきと思ってしまう人も多いようですが、暑くもなく運動したわけでもなく緊張しているわけでもないのに大量の汗をかくのは、「多汗症」という病気です。

精神性発汗と多汗症の対処

気温に関係なくかく汗には2種類あるというお話をしましたが、では具体的にこうした状況にはどう対処して行けば良いのでしょうか?

もちろん病院などで治療するのが良いのですが、自分も対策を嵩じるというのは大切な事です。

「精神性発汗」の場合も「多汗症」の場合も脇汗が出たら「恥ずかしい、脇汗が出たらどうしよう」という不安な気持ちも少なからず発汗と関係してきます。

まずは制汗剤や脇汗パッドなどを活用して脇汗がでない、出ても目立たないようにする対策を取ってみましょう。

特に制汗剤などは、多汗の人に向けたより高い効果が期待できる商品なども販売されていますので一度試してみると良いかもしれませんね。

⇒脇汗対策のための制汗剤やグッズの口コミランキング
(スポンサードリンク)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。