デトランスピランの副作用や効果などはどうなっているのでしょうか

エティアキシルのデトランスピランの副作用は『痒み』です。

起きるか起きないかは、肌の弱さや性質によって大きく異なりますが、アルミニウム系の制汗剤の全てがそうですので、エティアキシルのデトランスピランだけのことではありません。

デトランスピランの副作用

薬局で処方される脇汗対策の薬も、塩化アルミニウム○○%というものがほとんどなので、痒みを生じることがあります。

ですから、この脇汗を止めようと使用した結果、痒みの副作用が生じても、特別なものではないとお考えいただければと思います。

そういえば、アルミニウムと聞くと認知症を思い浮かべる人がいますが、それって、ただの俗説なので気にしないで下さいね。

そのあたりを私は詳しくは説明できないので、こちらを参考にして下さいね。

敏感肌用

エティアキシルのデトランスピランですが、敏感肌用があります。

それでも、やっぱり痒みや痛みを生じている人は少なからずいます。

余談ですが、デトランスピランとデトランスαは製造販売してる業者の国が違うだけで、中身は同じです。

デンマークかフランスか日本かで呼び名やパッケージが違っているだけなんですよね。

さらに余談ですが、フランスで販売しているエティアキシルは敏感肌用があるけど、デンマークで販売しているパーピレックスにはない。

とても不思議なのですが、国によって考えが異なるんでしょうね。

エティアキシルの原産国はデンマークになっているので、この商品が最初に製造販売されたのは、デンマークなのでしょう。

副作用よりも効果がすごいんです

買って大正解の高評価の口コミで、調べれば調べるほど、その効果の素晴らしさを感じてしまいます。

感動している人が、圧倒的に多いんです。

いろいろな脇汗対策グッズがありますが、多分最強?

脇汗の救世主は、日本でも多くの人に感動を与えています。

脇汗に悩まない日々。

そんな日は、この商品を使用すると訪れるのかもしれませんね。

さらなる詳細は、デトランスピランと同じデトランスαのページで御覧ください。

⇒デトランスαの副作用は止まりすぎることかもしれません
(スポンサードリンク)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。