脇汗の原因って一体何なのでしょう?何故出てきてしまうのでしょう?

脇汗の原因って何でしょう?

基本的にどの人でも脇汗はかくのですが、一番の原因は暑いときの温度調整のため。

額から出る汗も温度調整のためですよね。

そして、それ以外の原因としてあげられるのが、緊張したり興奮したり驚愕したり恐怖を感じたり心配したりなど、精神的なもの。

暑い時に汗をかくのは普通ですし、精神的なもので汗をかくのも普通なのですが、その出る量が普通じゃない。

レベル3の多汗になると、汗が滴り落ち、汗溜まりが出来るほどです。

さて、一般的な汗の場合ですが、治療の必要はありません。

ちょっと湿っている程度の脇汗の場合ですね。

脇汗を止める製品をしっかりと使用して、あなたに合うものを選んでいただきたいと思います。

はっきり言って驚くのが、夏場などの脇汗で悩んでいる人の多くが、自分に合う制汗剤(デオドラント)を見つけていないってことなんですよね。



今まで色々と使用してきたけど、まだ、運命的なものに出会えていない…。

とても残念な結果ですよね。

脇汗がひどい場合

上記でも述べましたが、多汗症と診断名がつくかもしれません。

体温調整のレベルを超え、汗が出続ける状態にあります。

したたるほどの汗が出る場合もありますし、脇の下がビチョビチョになることも珍しくないのが特徴です。

さらに大変なのが、それが発汗恐怖を招いてしまい、気にするがあまり、そのストレスがさらに脇汗を出してしまう悪循環を起こしてしまうこと。

汗が出続けるんです。

ストレスなどにより、エクリン腺を活発にする交感神経が強く働くのが原因。

余談ですが、交感神経は、自律神経と副交感神経からなります。

この場合も、まずは上記でかいた脇汗対策グッズを利用していただきたいと思うんです。

病院などで治療を考えていらっしゃる場合はそれが一番かと思いますが、他に方法がないからと病院を選択されていらっしゃるのでしたら、デトランスαなどの塩化アルミニウムが入ったアイテムを使用してみると良いと思います。

薬局などで制汗剤として販売されている商品は、におい対策だったりするだけのものなので、汗を止めることは出来ないものがほとんどです。

ですから、それを試して汗を止めることが出来なかったり臭いを止めることができなくても、ある意味しかたがないことなんですよね。

私は8×4ややAg+などを使用していましたが、汗は普通に出てしまうので脇汗パットが必需品でした。

でもいまは、塩化アルミニウム配合のデトランスαを使っているので、全く脇汗には悩んでいません。

でも、やっぱり心配という人は皮膚科を受診したほうが安心ですよね。

皮膚科に行く前に、色々なワキ汗対策の方法を見てみたいと思われるかたは、こちらのページを参考にして下さいね。

⇒脇汗対策グッズはこちらです
(スポンサードリンク)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。