脇汗を急にかくようになってしまったー考えられるのは多汗症です

暑くもないし、運動したわけでもない、とにかく何もしていないのに脇汗が大量に出て来てしまう。

急にこんな症状が出て来て困っている人は、「多汗症」かもしれないです。

もしかしたらそうかもしれないと思った人のために、もう少し詳しく「多汗症」についてお話してみたいと思います。

「多汗症」の見分け方とは?

急に脇汗がたくさん出るようになってきたので、急に汗っかきになったと思っている人もいるかもしれませんね。

でも汗っかきと「多汗症」は違いますし「多汗症」は病気の1つですので治療や何らかの対策を取る必要があります。

まずは「多汗症」の症状の特徴について紹介しておきましょう。

・気温に関係なく汗が大量に出る
・運動をしていないのに汗が大量に出る
・緊張していないのに汗が大量に出る
・脇や手のひら、足の裏など局所的に大量の汗が出る


これらが「多汗症」の主な症状と言われています。

暑かったり、運動した後などに全身に大量の汗をかく人は「多汗症」ではなくただの汗かきです。

また、緊張したり精神的に追い込まれた状態の時に局所的に大量の汗をかく人は「精神性発汗」という病気で「多汗症」とは異なります。

「多汗症」だと分かったら

まとめると「多汗症」は、気温や体の動作、精神面に関係なく、何もしていなくても局所的な汗が大量に出る病気という事になります。

ただ、稀に局所的ではなく全身から滝のような汗が出る「全身多汗症」という症状もあります。

この場合は、他に病気が隠れている事もあるので局所的ではない場合は、受診してみる事をお勧めします。

「多汗症」は汗の量やにおいが気になる事で、メンタル的な病気を併発してしまう可能性もあります。

そのため、脇汗で悩んでいらっしゃるのでしたら、塩化アルミニウム液などで対策を嵩じるのが良いと思います。

⇒塩化アルミニウムは脇汗に効く!

もちろん塩化アルミニウム以外の方法でもかまいません。

まずは早めに、あなたができる対策を見つけて実践してくださいね。
(スポンサードリンク)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。