脇汗が流れるように出るのは病気の可能性もあります

暑くもない、運動したわけでもない、それなのに脇にだけ汗が流れるほど出てくる。

そんな症状を感じている人はいないでしょうか?

全身のどこにも汗をかいていないのに脇にだけタラーっと汗が流れてくる、不快な程の量の脇汗が出る。

そんなちょっとこれは異常かなと思うほど脇汗が出る人は、病気の可能性もあります。

ここでは、脇汗に関連した病気について紹介してみますので、自分に当てはまる部分がないかチェックしてみて下さい。

何もしてないのに出てくる脇汗は「多汗症」

まず脇汗が関わる病気の1つが「多汗症」です。「多汗症」の症状の特徴をいくつか挙げてみましょう。

・暑くないのに汗が大量に出る
・運動していないのに汗が大量に出る
・緊張したり興奮したりしていないのに汗が大量に出る
・汗が出るのは、手のひら、足の裏、脇など一部分だけ


どうでしょうか?当てはまる部分がありましたか?

「多汗症」の特徴は、「とにかく何もしていないのに局所的に汗が大量に発生する」という点にあります。

よく汗っかきと勘違いされやすいのですが、一番の特徴は「局所的な発汗」です。

脇にだけ大量の汗をかくというのはまさに「多汗症」の症状の1つですね。

緊張した時に脇汗が大量に出るのは「精神性発汗」

もう1つ、「精神性発汗」という病気があります。

基本的には「多汗症」と同じで局所的に汗が大量に発生するという症状なのですが、一番違うのは緊張したり興奮したり、動揺したりした時に脇汗が大量に出てしまうという点です。

つまり「多汗症」に比べて「精神性発汗」は心の動きと発汗が連動しているという点に特徴があります。

「多汗症」の場合は、皮膚科での投薬、外用薬などでの治療が主なで治療方法となります。

「精神性発汗」は心療内科などで投薬や外用薬を用いながらメンタル的なケアも行いながら治療を行います。

⇒脇汗対策はもうこれしかないですねのTOPへ
(スポンサードリンク)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。